エギング 集魚灯

エギング 集魚灯

2019年12月19日 0 投稿者: koganet

 三陸もヤリイカのシーズンに入り、エギングを楽しめる時期になって来ました。

私はエギングを初めて3シーズン目になりますが、今年から集魚灯を導入してからなのか、好調が続いています。

集魚灯が無かった時は、探りで広い範囲にエギを投げてましたが、集魚灯を使ってからは目の前にイカの群れが寄ってくるので、それを見てアクションをつければイカがエギを抱く感じです。

勿論目視外の場所でも良く当たる様になるので効果はあると思います。

今は、集魚灯の角度を変えたりLEDのチップを交換して、自作でグリーンの集魚灯を作ったりして、研究中ですが、白のライトでも魚とイカは集まってくるのですが、海面で光が反射して、結構ロスしてる感じがします。

今回30wの、ハイパワーLED グリーン色+プロジェクターレンズで光の照射範囲を60度に集めた集魚灯を自作し試した所、光が深い所まで届いている感じがしましたし、ベイトも白色よりかは集まりが良い感じがしました。

イカも集まり始めは、光の外側を様子を見たり、高速で照らしているところを通過したりしてましたが、暫くすると、照射範囲で留まったり、ベイトを捕食したり活動的になって来ます。

まだ、実績の有る漁港でしか試してませんが、ベイトが集まって、しお通しの良いところなら、ある程度、群れを寄せることが出来るかもしれません。

イカ効果のある、光の色は、黄色系、オレンジ色、緑色、青色など色々効果が、有るとネットや釣り仲間の中で話されてますが、緑は白よりも良い感じが私はしてます。

次は、50wの青色の集魚灯を作って試して見たいと思います。